2020/03/24 今日は「フィンランド」よりこんなニュースが届きました!

苦境を乗り越えろ!ビール醸造所の挑戦


※画像はイメージ

 

新型コロナウイルス感染拡大を受け、フィンランドでは特に70歳以上の高齢者は外出を避けるよう政府からの要請があり、勤労者は在宅ワーク、学生もオンラインでの対応など、生活スタイルが様変わりしている。

そんな中、柔軟に対応し、現在の苦境を乗り越えようとしているビール醸造所があった。

サイマー湖湖岸のサヴォンリンナにあるオラフ醸造所は、通常はクラフトビールを製造するビール会社だが、新型コロナウイルス感染拡大のため、飲食店からの注文が大幅に減少。新しいビールは現在は作っていない。彼らがボトルに詰めているのは、なんと手指用の消毒剤。世界で最も需要の高い製品の一つといわれるアルコールベースの手指用消毒剤に生産を切り替えた。

オラフ醸造所のホームページのトップには、「ハンドクリーナーあります」と書かれており、オンラインショップでも購入可能。数量の多い注文に関しては注文フォームで受け付けている。フル回転での生産を続けている模様。

その昔、1475年にデンマーク生まれのエリク・アクセルソン・トットという人物が、サヴォニアに城を建設。オラフ醸造所は、オラフ城(オラヴィンリンナ城、Olavinlinna)と名付けられた城の名前にちなんでいる。この城は現在もサイマー湖の真ん中に佇み、多くの戦いが行われた歴史ある建物として、フィンランドの観光スポットとしても知られている。

オラフ醸造所
https://www.olafbrewing.com/
オラヴィンリンナ城
https://www.kansallismuseo.fi/fi/olavinlinna/etusivu
新型コロナウイルスのため、一時的に閉鎖中。


北欧ニュース編集員


デンマーク出身のエリクという人がオラヴィンリンナ城を建てたという繋がりで、デンマーク発のクラフトビールメーカーの「ミッケラー」とオラフ醸造所のコラボビールもあるそうですよ。
消毒剤の製造は、一般消費者だけでなく、これまでにビールを納品していた飲食店なども品薄でしょうから、かなり助かっているのではないでしょうか!もちろん、ビール製造も諦めていないからこそ、乗り切ろうという考えからでしょう。

このページの先頭へ