北欧総合情報サイト【北欧区】hokuwalk.com - 【2月劇場公開&DVD発売】主題歌はビョーク!「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」
HOME > What’s New > 2014年 > 2014年12月15日

【2月劇場公開&DVD発売】主題歌はビョーク!「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」




2015年2月6日(金)DVD発売&2月28日(土)全国劇場公開決定!
原作者トーベ・ヤンソン生誕100周年&原作シリーズ出版70周年
「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」

原作者トーベ・ヤンソンの生誕100年となる2014年から、原作シリーズ出版70周年を迎える来年2015年にかけ、全国巡回中の「MOOMIN!ムーミン展」や「トーベ・ヤンソン展」をはじめ、来年に控える新作長編アニメ映画「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」の公開など、ますます盛り上がるムーミン。

2月13日公開の「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」とともに、1978年~82年にポーランドで制作・放送されたパペット・アニメーション「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」が日本に上陸。制作から約30年が経った2010年に再編集され、カンヌでお披露目されました。しかしその後日本で公開される機会がなく、ムーミンファンの間では「幻の作品」とされてきました。

原作は、ムーミンの物語の中でも名作の1つと言われている「ムーミン谷の彗星」。1914年生まれのトーベ・ヤンソンが数度にわたる戦争を体験する中で執筆され、何度も推敲を重ねたという作品。ムーミントロールがスナフキンやスノークのお嬢さんと出会う重要なエピソードでもあり、彗星によって地球が滅ぼされる危機に直面したムーミン谷の姿は、戦争や原爆へのトーベの想いが深く反映されています。

キャラクターたちの台詞と新たなアニメを追加して再編集された「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」の美しい映像は必見。豊かな色彩で作りこまれた背景に、丁寧に作られた小物、主にフェルトで作られたパペットが印象的。パートナーのトゥーリッキ・ピエティラが自ら作ったパペットを参考にして作られており、トーベ自身も大変愛していた作品です。

 
 

主題歌を担当するのは、アイスランドの歌姫ビョーク。
声優陣には北欧を代表する名優たちがずらり!
日本語吹き替え版には、TVアニメのキャストが勢ぞろい。


主題歌を歌うのは、トーベと「ムーミン」の大ファンであるアイスランドの歌姫ビョーク。字幕版では、豪華北欧の名優たちが声優を務めています。スニフ役に“北欧の至宝”マッツ・ミケルセン(『偽りなき者』『ハンニバル』)、ステラン(『ニンフォマニアック』)&アレクサンダー(『トゥルー・ブラッド』)・スカルスガルド親子がムーミンパパ&ムーミントロール親子、ナレーションはマックス・フォン・シドー、スナフキンはピーター・ストーメア(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』)が担当しています。フィンランドで生まれ、北欧から世界中にファンを広げた「ムーミン」らしいコラボレーションです。

日本語吹き替え版では、「楽しいムーミン一家」のメインキャストが勢ぞろい。
ムーミンに高山みなみ、ムーミンママに谷育子、ムーミンパパに大塚明夫、スニフに中尾隆聖、スナフキンに子安武人、そしてナレーションは白鳥英美子が務めます。

愛らしいフェルトのパペット「ムーミン」が繰り広げる愛と友情と冒険の物語は、地震や自然災害と対峙していかなければならない現代の私たちにもつながる普遍的なテーマを描いています。子どもから大人まで楽しむことのできる、奥深くユーモアにあふれた作品。

DVDで、劇場で、トーベ・ヤンソンの世界を体現した美しい世界をぜひお見逃しなく!

●2015年2月、北欧映画を紹介する映画祭「トーキョーノーザンライツフェスティバル2015」(2015年2月7日~13日)にてプレミア上映!(2/9 14時~/2/11 11時半~)
●2/6(金)にDVD発売!(通常版と数量限定版の2種類)
●2/28(土)よりシネ・リーブル池袋にて劇場公開!(初夏シネ・リーブル梅田 他全国順次ロードショー)

【ストーリー】
ある朝、ムーミン谷が灰色に包まれていることに驚くムーミントロール。彗星が地球に向かって来ていることを知り、スニフと天文台に彗星を調べる旅に出る。途中で、旅の仲間となるスナフキンやスノークのお嬢さんと出会う。迫り来る彗星!ムーミントロールと仲間たちは、無事ムーミン谷へ帰ってくることができるのか?

≪2月6日発売!数量限定版&通常版DVD同時発売≫
「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」(英題:Moomins and the Comet Chase)
発売元:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
音声4ヶ国語収録:日本語/英語/スウェーデン語/フィンランド語
カラー/16:9/片面1層/75分/ドルビーデジタルステレオ/字幕:日本語
日本語吹替え版声の出演:高山みなみ(ムーミントロール)、谷育子(ムーミンママ)、大塚明夫(ムーミンパパ)、中尾隆聖(スニフ)、子安武人(スナフキン)、白鳥英美子(ナレーション)
本作はトーベ・ヤンソンの原作を尊重し、日本版オリジナル音声・字幕を制作しています。
日本語字幕は、本作の英語版音声に対応して制作されています。
スウェーデン語およびフィンランド語音声からの翻訳ではありません。日本語字幕は、スウェーデン語、フィンランド語音声選択時にもオン・オフの選択が可能です。
DVD情報:http://www.hihirecords.com/moomin-suisei/

【数量限定版】
「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション数量限定版」
(ムーミン谷の彗星 オリジナルグラス2個付き)
品番:VIZG-5008 価格:4,980円+税
※数量限定版は、「ムーミン谷の彗星」オリジナルグラス2個付き&デジパック外箱付BOX仕様。彗星の地球衝突という巨大な不安からグラス1杯のレモン水をのむことでひとときの開放を得るというシーンにちなみ、「ムーミン谷の彗星 オリジナルグラス(2種・絵柄違い)」が封入されます。
【通常版】
「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション通常版」
品番:VIBG-5081  価格:3,500円+税

   
(左:数量限定版イメージ/右:通常版ジャケット)

≪2月28日よりシネ・リーブル池袋にて劇場公開≫
「劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション」(英題:Moomins and the Comet Chase)
製作:トム・カーペラン
監督:マリア・リンドバーグ
原作:トーベ・ヤンソン「ムーミン谷の彗星」(講談社刊)
主題歌:ビョーク “The Comet Song”
声の出演:マックス・フォン・シドー(ナレーション)、ステラン・スカルスガルド(ムーミンパパ)、アレクサンダー・スカルスガルド(ムーミントロール)、ピーター・ストーメア(スナフキン)、マッツ・ミケルセン(スニフ)、ヘレナ・マットソン(スノークのお嬢さん)
2010年/フィンランド・ポーランド・オーストリア/英語/75分
提供・配給:Child Film + kinologue
公式HP:http://www.moomin-suisei.com/
© Filmkompaniet / Filmoteka Narodowa / Jupiter Film / Moomin Characters TM
2月28日(土)よりシネ・リーブル池袋、初夏シネ・リーブル梅田 他全国順次ロードショー!

●主題歌を担当したビョークのコメント●
「私は長い間トーベン・ヤンソンと、ムーミンやその他の彼女の作品のファンだったので、映画のために曲を書くよう依頼されたことは、とても名誉なことでした。トーベが物語に織り込んだ哲学や、ライフスタイル、自然との向き合い方にずっと刺激を受けてきました。エキセントリックであっても人間性の全てを受け入れるその姿勢に心を奪われ、それぞれの特異性を犠牲にすることなくキャラクターたちが調和を保ち、影響しあうことができると信じているトーベを、私は尊敬しています」



(2015年02月06日更新)
このページの先頭へ